カウンタ

COUNTER474185

ちばっ子「学力向上」総合プラン

千葉県の学力向上施策については、下記リンクからご確認ください。

学力向上



家庭学習のすすめ



家庭学習について考えよう
http://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shidou/
gakuryoku/2011/kateigakushuu.html
 

お知らせ

学校教育目標:
「 We will be
  優しさと強い意志を胸に 学び鍛える生徒 」

 

◎ こんな若者を育てていきます

 優しさと強い意志を胸に学び鍛えることで、将来どこに暮らしても
通用する学力を身につけさせたいと思います。
 一口に学力といっても、身につけさせなければならない力は数々
あります。しかし、その土台となる「見える学力」から目をそらさ
ず取り組んでいきたいと思います。そのためには、現状をしっかり
とらえ課題を解決するための方法と目標をしっかり見据えて取り組
み、成果を確認しながら進む必要があります。

 また、生徒たちは将来故郷であるこの地域にみんなが残るわけで
はありません。しかし、自分をはぐくんでくれた故郷に愛着と誇り
を持ち、
常にこの地域とつながっている、そんな若者に育てたい
思います。
 例えば、自然災害や海洋汚染のような問題に触れたとき、里の浜
辺はどうだろうか、里の山や畑はどうだろうかと故郷を身近に感じ
て考えることができる若者。一見大きすぎて自分とは関係ないと思
いがちなことを、自分の問題、故郷の問題と考えることができる若
者に育てたい
のです。


 ○ 本年度の指導重点項目


1 確かな学び
(1)学習自立と学習習慣の育成
(2)見える学力の育成
2 故郷への愛着と誇り
  故郷への思いを自ら発信できる南房総学への取組
3 価値ある体験活動
(1)磨きタイム」の充実を糧に、体育授業と課外活動の発展
(2)「We are 嶺南」を意識した集団活動
(3)地域、異学校種との交流の推進
4 自助共助の精神の育成
  自分の命は自分で守る力と共助を支える力の育成
5 生徒の出番のある活動
  各教科、領域において言語活動の充実による単元開発
6 個に応じた支援
(1)臨機応変な特別支援会議による校内就学指導の充実
(2)不登校対応、不登校対策体制の構築

○ 教師の姿勢
     常に、学校改善を意識し「認め合い、助け合い、高め合う」活力のある教師集団
1 生徒一人ひとりを大切にし、その長所や可能性を伸ばす教師
2 専門職としての自覚を持ち、今日的な課題解決に向けて互いに研鑽に勤める教師
3 教育目標実現のため、組織的、計画的に取り組む教師
4 危機管理意識を高め、モラールアップ委員会を中心に対応し、不祥事を根絶する