カウンタ

COUNTER697075
各種申請書類
こちらをクリック
各種申請書類一覧
 

ちばっ子「学力向上」総合プラン

千葉県の学力向上施策については、下記リンクからご確認ください。

学力向上


家庭学習のすすめ


家庭学習について考えよう


県教委ニュースのバナー
 

お知らせ

学校教育目標
 「We will be 優しさと強い意志を胸に学び鍛える生徒」
       目指す生徒像
     ○自分の意志で、意欲を持って主体的・協働的に学ぶ生徒
     学び続ける力・表現力・発進力 
     ○人との関わりの中で、自他を尊重する生徒
     創造する力・協働する力・受け止める力
           ○体力を向上させ健康増進に努める生徒
     健康・安全に配慮する力


 1  こんな若者を育てたい
  優しさと強い意志を胸に学び鍛えることで,将来どこに暮らしても通用する学力を
身に付けさせたいと考えます。一口に学力と言いますが、身に付けさせなければならな
い力は数々あり、まずはその「土台となる力」から目をそらさず取り組んでいきたいと
思います。「土台となる力」とは、「聴く姿勢」、「発言・発表」、「話し合う態度と
力」、「書き記す力」、「考えようとする力」、「考える力」、「定着度テスト」等を
指しますが、どれもが日常の授業や的確な家庭学習の中で培われるものです。現状をしっ
かりとらえ、自らの意志で意欲的に課題を解決するために、授業はもちろん家庭学習に
も積極的かつ効率良く取り組ませ,力が付いてきたことを実感させながら進んでいきた
いと考えます。
 また,生徒たちは,将来,故郷であるこの地域にみんなが残るわけではありません。
しかし,自分を育んでくれた故郷に愛着と誇りを持ち,常にこの地域とつながっている,
そんな若者に育てたいと思います。例えば,大都市や外国で働くことになっても、故郷
の海山を心に浮かべて、地域に残り働く同胞に思いをいたすことのできる若者、余所の
土地で学んだ知識や技能を故郷の発展に役立てたいと考える若者。現代社会に生きる中
で、ここ南房総で学んだ心の体験を終生の宝と慈しむような、そんな若者に育てたいと
思います。

2  そのためには、
  (1)教育活動全般において、豊かな心の育成を図ります。
   社会生活を送っていくためには、思いやり、感謝、感動する心  を育てるとともに、
  誠実で謙虚に生きる態度を育てることが大切です。また、夢や目標を持ち、困難な状況
  の中でも強い意志で粘り強く挑戦する態度を育むことが重要です。
   そのためには、学校・学年の行事や日々の学習等、教育活動全般を通して、自他を
  磨き、互いの価値や良さを認め合い切磋琢磨できる、望ましい人間関係を構築する必
  要があります。望ましい人間関係を創り上げようと努める中で、より良い教育活動を
  推進し、豊かな心を育んでいきます。

  (2)「わかる授業」、学ぶ楽しさのある授業の創造に努め、学ぶ意欲の向上と主体的に
           取り組む力を伸ばし、学力向上に努めます。

   生徒には、学習の意義を粘り強く理解させながら、「学ぶことが楽しい」、「学んだ
  ことが日常生活に役立つ」、「将来自分が就きたい仕事の為に学ぶ必要がある」と実感さ
  せることが大切だと考えます。
   教師は、豊かな人間性を高める研鑽を積み上げながら、見て・聴いて・考え・訊ける授
  業の実践に努め、生徒が主体的に取り組むことのできる「わかる授業」、学ぶ楽しさを実
  感できる授業、そして、仲間と共に学ぶことに価値があると実感できる授業の展開に努め
  ます。
   また、家庭学習の充実を図り、教室での学習がスムースに進むことと、学んだことが着
  実に定着することを目標に、継続して指導していきます。
        
  (3)積極的な生徒指導の充実を図り、自己有用感や自己指導力を高めていきます。
       健康安全に留意し、基本的生活習慣を確立することはもちろんですが、「We are
     嶺南」を意識した縦系列活動・「磨きタイム」の充実をもとに、公正な態度で集団や
     社会のルールを遵守する力をつけるとともに、人としてより良い行動選択ができる
     力を伸ばしていきます。信頼関係づくりを基盤に、生徒が主体的に判断し、進んで
     自分の良さを生かしていくこと(自己指導力)ができるような生徒指導の充実を図
     ります。
        また、学校行事や部活動等の中で、人に認められ人の役に立つ喜び(自己有用感)、
     自ら考え行動し自ら創りあげる喜び(自己決定)、仲間と力を合わせてやり遂げる喜
     び(共感的協働)を体験できる活動を推進していきます。
        それらの実現のためには、他者の話を聞き分け、主体的な判断ができるようにす
     ること、また、自分以外の人の心を大切にして、互いを理解しようとする共感的な
     心情を育てることが大切です。日々、開発的生徒指導に努めると共に、「特別な教
     科道徳」等との連携を図り、正しい価値判断と温かい人間性を育てたいと考えます。

   (4)家庭・地域と連携をよりいっそう推進します。
   生徒の学びを支えるためには、学校・保護者・地域が双方向のコミュニケーショ
  ンに努め、融和することが必要であると考えます。学校だより、学年・学級だより
  やホームページを活用、フリー参観の実施等を通して、PTA活動や地域活動との
  連携を大切にしながら、地域の信頼に応え教育効果を高めるよう努めます。
   また、関係機関と連携しながら地域の自然、歴史、産業等への学びを深めていき
  ます。地域の重要な産業である農業や水産業、林業等の第一次産業の学習をスター
  トに、福祉や観光を中心とした三次産業まで、「なりたい自分」を意識させたキャリ
  ア教育と南房総学を融合させて、地域を理解し愛する教育を進めた考えます。
  加えて、本年度の嶺南学園開園を受けて、小中の連携の中で効果的な教育を模索し、
  「15歳での自立」と「社会に資する人格の形成」を目指したいと考えます。

 3  教師の姿勢
      常に学校改善を意識し、「認め合い、助け合い、高め合う」活力のある教師集団
   (1)生徒一人ひとりを大切にし、その長所や可能性を伸ばす教師
   (2)専門職としての自覚を持ち、今日的な課題解決に向けて互いに研鑽に勤める
            教師
   (3)教育目標実現のため、組織的、計画的に課題解決に向けて取り組む教師
   (4)危機管理意識を高め、モラールアップ委員会を中心に対応し、不祥事を根絶
            する。
   (5) 自らのライフステージを想定して、自分磨きと心のゆとりを忘れない教師