南房総市立三芳小学校
 

沿革

学 校 紹 介
   
 私たちの学校は、千葉県の南部、安房郡市のほぼ中央の三芳村にありました。
平成18年3月20日をもちまして、南房総市になりました。
 北は富山地区、南は館山市、東は丸山地区、西は富浦地区に隣接しており、安房郡市の中では唯一海に接していないところです。

 地形は東西北の三方が山に囲まれ、南は館山平野となっています。
中央の平地には水田が広がり、そこを流れる平久里川は、安房地方で最も長い川です。
 三芳地区は、遠く奈良・平安時代に安房国の国府が置かれ、安房地方の政治・交通の中心地として大きな役割を果たしてきました。
 地域の人々は「安房のまほろば」として、これを誇りにしています。

まほろばとは・・・
  ○遠く奈良・平安時代に安房国の国府が置かれ、安房地方の政治・交通の中心となったことから「まほろば」と称した。
   
 児童数は231人。1年生2クラス、2年生1クラス、3年生2クラス、4年生1クラス、5年生1クラス、6年生2クラス、特別支援2クラスの11クラスがあります。

 職員は校長1名、教頭1名、教諭13名、養護教諭1名、事務長1名、講師2名、用務員1名、特別支援教育支援員4名(実質3名)、英語活動指導員2名、スクールカウンセラー1名の27名です。
     (平成28年5月現在)    
   
 子どもたちは明るく素直で、チャレンジ精神に富んでいます。地域の人々は学校に対してたいへん協力的で、自然と心の温かさのあふれる、すてきな学校です。

学校の沿革

M20.4 本織・谷向両小学校を合併して菁莪尋常小学校創立
M36.6 御庄・山名・江田三小学校を合併して、稲都尋常小学校創立
M40.7 滝田・精華・済美小学校を合併し、滝田尋常小学校を創立、
      増間地区に二葉分校をおく。
S47.4  国府・滝田・稲都三小学校を統合して三芳村立三芳小学校となる。
S48.9  実質統合、新校舎落成
H14.11 三芳小学校創立30周年
H18.3   南房総市立三芳小学校誕生
H24.11三芳小学校創立40周年
H25.3  三芳小学校創立40周年記念誌発行
H26.4  千葉県教育研究会技術・家庭科教育部会研究指定(H26~H27)
H27.11小学校家庭科教育研究大会安房大会開催