教育目標

  千倉子ども園の教育目標 

 

「ひとりで みんなで さいごまで」
 

経営方針

千倉子ども園の教育目標は 
「ひとりで みんなで さいごまで」です。

ひとりでできる(知)
みんなでできる(情)
さいごまでできる(意)



「こんな子どもに育っていきたい」
という、子どもの視点から、保育・教育の目標を考えることにしました。

 例えば、自分でできることは、ひとりでできる。
ひとりでもめあてをもって努力したり運動したりできるという
「ひとりで」できる力をはぐくみます。

 例えば、みんなでかかわりながら遊び、友達を大切にすることができる。
みんなで工夫して楽しみながら、目標に向かってやりとげようとすることが
できるという「みんなで」できる力をはぐくみます。

 例えば、苦手なことでもあきらめずさいごまでやりぬこうとする。
めあてにむかって「さいごまで」努力する。

 そして、「ひとりで みんなで さいごまで」やりぬく強い意志をはぐくみます。

 千倉子ども園の子どもが小学生・中学生へと成長し、
 やがて、将来どこに暮らしても通用する学力と、
 自分を育くんでくれた故郷に愛着と誇りを持つ若者に
 成長してくれることを願っています。

〇 そのために私たちは・・・

・子どもたちの健やかな成長を促すため、
 個々の子どもたちの発達段階と日常の遊びの様子を見極めて、
 積極的に環境構成をしていきます。
 外部から与えられるイベントサービスがどんなにファッショナブルであっても
 それに頼るのではなく、
 例え手作りの素朴なものであっても私たちの教育的意図に基づいた環境を構成して、
 子どもたちの「気づき」と「育ち」を育みます。

・集団生活を通して、自律心と規範意識の芽生えを促すとともに、
 自立と協同の精神の芽生えを促します。

・集団生活で育まれた力が、連続して家庭生活や地域社会での活動にも
 寄与するよう努めます。

・特に、0~3歳児の保育や幼稚園の預かり保育等で、
 長時間の保育になる子どもたちについては、
 家庭的な雰囲気で保育を行うことはもちろんのこと、
 ここでも私たちの教育的意図に基づいた環境を構成する中で、
 子どもたちの「気づき」と「育ち」を育みます。

・個別に配慮を要する子どもへの対応、家庭教育へのサポート、
 さらに地域の在宅保育の子ども達や家庭への子育て相談等にも対応していきます。


 

沿革

沿革
平成26年4月1日
 七浦幼稚園 忽戸幼稚園 朝夷幼稚園 健田幼稚園を統合し、南房総市立千倉幼稚園として開園する。
 全園児 130名(平成26年4月1日現在)
平成27年4月1日
 南房総市立ちくら保育所と統合し、南房総市立千倉こども園 開園。
 旧朝夷小学校舎を改築した園舎に移転する。
 

アクセス

南房総市立千倉幼稚園
住所
 〒295-0012
 南房総市千倉町南朝夷1400
電話
 0470-44-0703
アクセス
 JR千倉駅より徒歩20分